アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、遺伝的な体質に、環境因子(アレルギー、汗、乾燥、化学的刺激、物理的刺激、心理的ストレスなど)が複雑に関わって引き起こされます。子供に多く、成長につれて症状が軽くなる傾向がありますが、それぞれの年齢によって症状や、症状が出やすい部位に違いがあり、成人になっても続いたり、一旦良くなっても、また症状が出てくる場合もあります。
かゆみを伴い、掻くことによって悪化しますので、適切な治療で、症状をコントロールすることが大切です。良くなったり悪くなったりを繰り返しますが、落ち着いた状態が維持されると、自然に良くなることも期待できますので、当分の間と考え、治療を続けることが大切です。

治療には、ステロイド外用薬、タクロリムス外用薬、保湿薬などの外用薬と、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬などの飲み薬を用います。ステロイド外用薬には強さがあり、症状に応じた強さのステロイド外用薬を適切に用いることが大切です。さらに、症状が落ち着いてからも、保湿剤によるスキンケアを継続すること良い状態を保ちやすくなります。また、これらの治療を行ってもなかなか改善しない症状の重い方には、最近承認されたディピクセント®というサイトカインの働きを抑制する新しいタイプの注射薬による治療も行っておりますのでご相談下さい。

  • 四谷三丁目皮膚科 Facebook Page
  • INFORMATION
  • Clinic Letter