ヘルペス(単純性疱疹)

ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染して起こります。ウイルスには主に口唇にできる1型、性器にできる2型の2種類があります。主として口唇にできる1型の場合、はじめてウイルスに感染しても、明らかな症状はでないことも多いのですが、神経細胞のなかに隠れ潜んでしまうことがあります。2型の場合は強い痛みと症状を伴うことが多くみられます。潜伏している間、症状はでませんが、カゼをひいたり、疲労、ストレスなど、体の抵抗力が落ちているときに急に出現して、赤くなって水ぶくれの症状を出すことがあります。

治療法は、抗ウイルス剤の飲み薬や、塗り薬を処方します。性器に頻繁に再発する場合には、抗ウイルス剤を飲み続ける再発抑制療法を行うこともあります。

  • 四谷三丁目皮膚科 Facebook Page
  • INFORMATION
  • Clinic Letter