いぼ(ウイルス性疣贅)

いぼは手のひら、足のうらに多くみられ、ヒト乳頭腫ウイルスというウイルスによって起こります。子供から大人まで、比較的よくみられる疾患です。足にできると、うおのめと間違って放置しておく方も多いのですが、ウイルスですので大きくなって増えたり、人にうつしてしまったりすることがあります。

治療法は、液体窒素を用いた冷凍凝固療法という治療が一般的ですが、治りにくい場合にはステリハイドで腐食させる方法を併用したり、炭酸ガスレーザーを用いることもあります。根気よく治療を続けることが大切です。

  • 四谷三丁目皮膚科 Facebook Page
  • INFORMATION
  • Clinic Letter