接触皮膚炎(かぶれ)

かぶれには、アレルギー性のものと、刺激性のものとの2種類があります。

刺激性の場合は、一定の閾値を超えると誰にでも発症することがあります。かぶれをおこす物質に触れたところが湿疹のようになりますが、ひどい場合には全身に生じることもあります。

まずかぶれの物質を絶つことですが、治療はステロイド剤の外用、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服を行います。

  • 四谷三丁目皮膚科 Facebook Page
  • INFORMATION
  • Clinic Letter