乾燥肌

乾燥肌は、皮膚の脂が減ることにより皮膚の水分が減少して、乾燥を生じてしまう病気です。空気が乾燥しはじめる秋から冬にかけてはじまり、主として中高年者の手足、下腿によくみられ、皮膚がかさかさしたり、ひび割れたりします。かゆみを伴い、掻くと湿疹になることもあります。

皮膚科では、かさかさを治す保湿剤を処方したり、湿疹になってしまった場合には、ステロイド剤を処方します。ただし、ふだんからの心がけ次第では、予防も可能です。汗をかかなくなる時期から、早めに市販の保湿剤を塗るようにしましょう。
お風呂ではごしごし洗わないようにして、部屋の空気の乾燥にも注意しましょう。

  • 四谷三丁目皮膚科 Facebook Page
  • INFORMATION
  • Clinic Letter