しみ・あざ

誰でもが悩むシミ。そんなシミにはいくつかの種類があり、治療法も異なります。

日光性色素斑(老人性色素班)

紫外線によっておこる、顔面や手の甲などに多くみられる、境界のはっきりした円形~楕円形で、大小様々な茶色く平らなシミです。

治療法

雀卵斑(ソバカス)

幼少時から現れる、体質でおこるシミです。両頬~鼻に細かい褐色斑がたくさんみられます。

治療法

太田母斑

太田母斑の多くは小児期~思春期に、顔面、主として目の周りから頬にできる青色~褐色の小さな斑が集まったアザです。片側性の場合が多いのですが、両側にみられることもあります。

治療法

後天性真皮メラノーシス

後天性真皮メラノサイトーシスは、「アザ」に分類されるシミです。頬骨部、鼻翼などに、左右対称に直径1~3mmの青~黒、灰色のシミのように見える色素斑が多発します。20~30代で現れることが多く、肝斑や小型の日光性のシミなどの他の種類のシミと似ていたり、混在していることもあるため、鑑別が難しい場合があります。

治療法

肝斑

女性ホルモンのバランスの乱れ、妊娠やピルの服用、紫外線などによって、30歳前後から現れます。モヤモヤとした淡い褐色斑が両頬や口の周りに左右対称にみられます。

治療法

ビタミンC、トラネキサム酸の内服

炎症後色素院着

ニキビや虫刺されのあとがシミになって残ったものです。2~3ヶ月で薄くなってくることが多いのですが、長期間残ることもあります。

治療法

ビタミンC、トラネキサム酸の内服
  • 四谷三丁目皮膚科 Facebook Page
  • INFORMATION
  • Clinic Letter