帯状疱疹

小さな水ぶくれができるヘルペスの一種で、自分が子供のころにかかった水ぼうそうのウイルスが原因です。
水ぼうそうが治った後も、ウイルスは体に潜んでいます。そして、疲労、老化、外傷、免疫抑制剤などによってウイルスによる抵抗力が落ちてくると、帯状疱疹になってしまいます。痛みを伴い、神経にそって体の一部分の片側に、帯状に広がります。一度かかると再発しないことが多いのですが、体の免疫機能がひどく弱っているときには、再発することがあります。

症状がでたら、できるだけ早い時期に治療を始める方が早く治ります。抗ウイルス薬の内服を行いますが、症状に応じて鎮痛剤、ビタミンB12の飲み薬などを併用します。

  • 四谷三丁目皮膚科 Facebook Page
  • INFORMATION
  • Clinic Letter